印場元町鍼灸院 | お役立ちサイト なびぽ 尾張旭・瀬戸・長久手とその周辺情報

印場元町鍼灸院

中医学を基にした「はり治療院」 印場元町鍼灸院

newsニュース

2018.06.14

自律神経失調症

自律神経失調症
 
 腸は自律神経と深い関係がある!

 腸の働きは自律神経によってコントロールされています。

 
 この自律神経が心の影響を受けるため、ストレスが続く状態だと、
腸の働きも抑圧されて、腸も疲れてきます。

 
 腸の弱りが慢性化してくると、副交感神経の活動も弱まり、腸の弱りに影響され、体はリラックスできません。
 
 副交感神経にうまく切り替わっていないと言う事は、交感神経が常に優位になっている状態。
 
 交換神経が昼間の活動機に活発になるのは良いのですが、常に優位で戦闘態勢と同じで、イライラ、不眠、過食などが続きます。
 
 腸のマッサージは固くこった腸をほぐすことで、自律神経バランスを整えて交感神経を優位にします。
 
 その結果、体はリラックスし、血液循環も良くなり体に溜まった老廃物も流れやすく、むくみやくすみの解消にもなります。
 
 自律神経がととのうと、セロトニンなどのホルモン分泌も正常になり、
自然と笑​​​顔になり、表情もぱっと明るくなります。

 
 また、同時に内側からのケアも行うことで驚くほど深く眠れ、目覚めも良くなります。
 
 さらに、「食べたい!」と言う気持ちも抑えられますので、自然と体重も減少します。

  
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してお役立ちサイト なびぽ 尾張旭・瀬戸・長久手とその周辺情報は一切の責任を負いません
TEL:0561-76-6706
  • 2018年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事