せとまちツクリテセンター | お役立ちサイト なびぽ 尾張旭・瀬戸・長久手

瀬戸市の「ものづくり」の活動を行う「ツクリテ」さんを支援する拠点施設

せとまちツクリテセンター

newsニュース

2020.06.27

せとまちツクリテセンターからこんにちは。6月も残すところあと... [Instagram【せとまちツクリテセンター】]

せとまちツクリテセンターからこんにちは。
6月も残すところあと数日です。雨の季節からどんどん夏へと向かっていきますね。
春先から、中止や延期になっていた展覧会などが徐々に始まってきています。
センターからすぐ近くの瀬戸市新世紀工芸館でも、本日から企画展『SHIGARAKIの作家展』がはじまりました。
交流棟では『夏の陶とガラス展』も開催中です。(8月23日(日)まで)
久しぶりに、新世紀工芸館へ足を運んでみませんか?
.
.
#瀬戸市 #瀬戸 #せとまちツクリテセンター #瀬戸ツクリテ #瀬戸市新世紀工芸館 #ガラス #ギャラリー #陶芸

#Repost @setoshinseiki with @get_repost
・・・
[展示棟企画展のお知らせ]

瀬戸市新世紀工芸館展示棟では6月27日(土)より企画展「SHIGARAKIの作家展-relocation after the residency-」を開催いたします。 日本六古窯の一つでもある信楽。「滋賀県立陶芸の森」では国内外から多くのアーティストが滞在制作(アーティスト・イン・レジデンス)に訪れ、新たな文化創造の場となっています。

このアーティスト・イン・レジデンス事業は 陶土と珪砂の産地である瀬戸、新世紀工芸館も同様に、2000年より多くのアーティストを受け入れ、滞在制作拠点としての運営・サポートを行ってきました。 近年は同施設間の交流事業にも取り組んでおり、本展では「滋賀県立陶芸の森」でのアーティスト・イン・レジデンスをきっかけに別地域から信楽へ移住し、同地で制作活動を続ける4名の作家をご紹介いたします。

産地を拠点に世界へ活動を広げる彼らの表現をぜひご高覧ください。

瀬戸市新世紀工芸館 展示棟企画展
【SHIGARAKIの作家展-relocation after the residency-】
安藤祐輝、橋本知成、玄尚哲、度會保浩 □会期:6月27日(土)~9月20日(日)
□開館時間:午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)
□会場:新世紀工芸館展示棟
□入館無料
□休館日:火曜日
※状況の変化に伴い、予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。 《お問合せ先》

公益財団法人瀬戸市文化振興財団
瀬戸市新世紀工芸館 〒489-0815 愛知県瀬戸市南仲之切町81番地の2
TEL.0561-97-1001 FAX.0561-97-1005
E-mail sinseiki@gctv.ne.jp

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してお役立ちサイト なびぽ 尾張旭・瀬戸・長久手は一切の責任を負いません